インフォメーション

2015年10月08日
2年部キャリア教育プログラム報告

2年部キャリア教育プログラム

 

2学年部では,専門系学科(マルチメディア,情報システム,メカトロニクス,情報処理科:311名)を対象に,9月28日からの3日間にかけ,キャリア教育プログラムを実施しました。

初日は,「現状打破」を目標に校長講話で始まり,続いてSMBCコンシューマーファイナンスより講師を招き,ライフプランニングと題した参加型の講話をいただきました。生徒たちは,実社会で生きていく上で身に付けておかねばならない家計の収支計算の大切さを,将来のライフプランニングと合わせて考え,それに必要とされる知識や考え方を深く学んだことと思います。また,面接指導や自己分析の時間も織り込まれ,充実した内容で初日を終えることができました。

2日目は,就職をテーマにした内容で進められ,現3年生の就職試験受験体験談,就職した卒業生による講話ならびにトラック協会の講師の皆さまには,物流ネットワークの世界を紐解き,ライフラインともいえる運輸業界に関わる職業について講話を頂き,生徒たちも,仕事とは何か,そして仕事をする上で求められるものとは何かについての理解を深め,職業観を広げることに繋がったことと思います。

最終日は,進学を主に置いたプログラムでしたが,就職希望者にも対応できるよう,将来新たに知識習得のために教育を受ける場合を想定したコンテンツで展開しました。午前中はベネッセコーポレーションより講師を招き,進路実現につなげるための考え方や,少子化,グローバル化そして情報化が進む昨今の社会情勢を理解し,結果的に激変するであろう40年後の社会環境を見据えた進路選択を考える重要性について講話いただき,生徒たちも真剣な表情で聞き入っていました。また,続く医療技術専門学校長の講話では,医療従事者の視点に立った職業観そして勤労観を生徒に語っていただき,仕事に対する理解を更に深めてくれたと思います。午後は,姉妹校であるキャリアデザイン各専門学科へ進学した先輩たちから,それぞれの専門学科の特徴や,進路選択に役立つアドバイスを受け,生徒一人一人が興味関心を持ってしっかり聞いていたようです。

今回のプログラムを通し,生徒たちは各講話の内容をレポート用紙にしっかりまとめ,担任の検印後にキャリアポートフォリオと呼ばれる就活ツール(キングファイル)にファイリングしました。まとめの内容からも,しっかり聞いていた様子が伺え,中身の濃いプログラムであったと思います。今回学んだことが,生徒たちにとって,来年の進路実現に向けて踏み出す礎になってほしいものです。


P9300343.JPGP9300312.JPG
DSCF0939.JPGDSCF0944.JPG
DSCF0946.JPGP9290236.JPG
P9290245.JPGP9290259.JPG
P9300306.JPGP9300307.JPG
P9300309.JPGP9300317.JPG
P9300323.JPGP9300325.JPG
P9300281.JPG

文責:2学年部

ページ上部へ
Copyright (C) 2006 HARADA GAKUEN All Rights Reserved.